>

検診で発見できる黄斑変性症

失明にもつながる眼底白斑

眼底白斑は、硬性と軟性に分類されます。
どちらも眼の血管からの出血に起因する疾患であり、視野の狭小化が主な症状となります。
硬性と軟性の原因と症状は非常によく似ていますが、進行プロセスに微妙な違いがあり、それぞれに応じて治療法が確立されています。硬性
白斑は、主に、高血圧のために眼の血管に限界を超える圧力がかかり、血液が網膜の周辺に漏出することによって引き起こされます。
一方、軟性白斑は、しばしば糖尿病の合併症として起こり、薬物療法の副作用によって引き起こされます。
眼底白斑は、ほとんどが眼科検診によって発見され、網膜の周りに白い斑点を散らしているように見えるとき、眼底白斑の疑いが非常に高まります。多くの場合、高血圧や糖尿病が原因であり、薬物治療は治療の初期段階で行われます。

眼科検診でわかる眼の病気

眼底白斑は比較的一般的な疾患であると言われており、定期的な眼科検診で容易に発見できる病気であるとされています。
眼底は外部から血管の状態を観察できる唯一の器官であると言われています。
したがって、眼底検査では白斑などの疾患以外の異常も早期に発見することができ、早期治療に有用であると評価されています。
眼底白斑は網膜の周囲に細かい白い斑点が見える病気です。
初期段階ではほとんど無症状ですが、進行するにつれ視野が良くなり、最終的には失明することもある恐ろしい病気です。
治療の基本は投薬療法であり、循環改善薬などを投与することによってほとんどの場合治癒が期待できます。
眼科検診によって発見できるのは白斑だけではありません。
そのひとつが「糖尿病性網膜症」であり、眼底検査によって発見し、早期に治療すれば失明のリスクがかなり軽減されるため、希望を失うことはありません。


この記事をシェアする