>

子どもに増えている眼の病気

子どもも老眼?スマホやPCの影響

スマホ、PCのユーザー層の低年齢化が進み、最近では小学生でも極度の近視になるケースがめずらしくありません。
それも、ただたんに視力が悪くなるというだけでなく、電子機器の使いすぎにより眼の筋肉が過度に酷使され、老眼にも似た症状が表れる場合があります。
子どもの老眼は大人よりも進行が早く、ライフスタイルを改善しなければメガネやコンタクトでも矯正できないレベルまで視力が落ち込んでしまいます。
眼科検診で極度の近視や遠視が指摘されたら、メガネなどで安易に視力を矯正するのではなく、まずは子どもの生活習慣を見直し、眼にあまり負担がかからないような生活にあらためるようにしましょう。
子どもの眼筋は柔軟性が高いため、スマホやPCの使用をある程度減らすだけでもかなりの視力回復が見込めます。

子どもが眼科検診で近視だと診断されたら

我が子が学校の眼科検診などで近視だと診断された場合、親としては心配になるあまりその日からスマホやPCを制限したくなるものです。
しかし、それは子どもの心理面にとっては逆効果であり、よけいな反発心を招いてしまうリスクのほうが大きいと言われています。
確かに、視力低下の大きな要因はスマホ、PCの使い過ぎであり、1日の使用時間を適正な範囲内におさえることが視力低下をふせぐ特効薬になることは間違いありません。
しかしながら、一方的にスマホやPC、あるいはゲームを禁止してしまえば子どもにとってストレスになるばかりで、反動のほうがかえって大きくなってしまいます。
スマホにかぎらず、何らかの制限をくわえる際には「なぜ制限が必要なのか」ということを子どもにも納得できるように説明することが大切です。


この記事をシェアする